カテゴリー別アーカイブ: 06-00野菜レシピ

韓国風サラダ

最近、ほぼ毎日サラダを食べています。

肉肉しいサラダ精密に塩分を図ったサラダも美味しいのですが、さすがに毎日だともう少しバリエーションが欲しくなります。

20160609101604_IMG_1689

そんな時、台所の隅に法事のお返しで頂いた焼き海苔(限界集落なので葬式が多いのです)が目に付きました。そうだ、これを旨み成分としてサラダを作ろうと思い立ち、作ったのが韓国風サラダです。本当に韓国にこのようなサラダがあるのかは謎ですが、海苔とごま油があると脳みそが反射的に韓国風!と認識したのでそう名付けました。

■材料
・サラダの向けの野菜を数種類を20センチくらいのボウルに一杯分(今回はサニーレタス、赤からし菜、ラディッシュを使用)
・焼き海苔(2枚)
・ごま油(おおさじ1)
・醤油(おおさじ1)
・すりごま(おおさじ2)
・(あれば)天かす

■レシピ
・野菜を適当な大きさに切り、水を張ったボウルに放つ
・2-3分したら、ざるにあげ、水気をよく切ります。
・海苔を細かく千切り、野菜と和えます。ごま油などを投入する前に和えてください。そうしないと海苔同士がひっついてしまい、全体に回りません。
・ごま油、醤油、すりごま、天かすを入れてよく和えて完成です。

 

 

バターナッツのソテー

ずっとポタージュ押しだったバターナッツ(ひょうたん型のかわいいかぼちゃ)ですが、ソテーにしてみたら、思った以上に美味しく、しかも写真映えする感じでしたのでご紹介いたします。

DSC_0229

【材料】
・バターナッツ
・オリーブオイル
・塩
・パルミジャーノ

【レシピ】
・バターナッツの種のない上のほうを1センチくらいの輪切りにします。
・フライパンにオリーブオイルを敷き、輪切りにしたバターナッツを入れます。
・中火で3分ほどしたら、ひっくり返して中弱火で3分ほどソテーします。
・火が中まで通っているか爪楊枝を刺して確認します。
・通っていたら、火からおろし、お塩とパルミジャーノを降って完成です。

 

肉々しいサラダ

葉物野菜が大変おいしい時期になってきました。
最近は毎日サラダを山盛り食べているので、バリエーションが必要です。

今日ご紹介するのは、アンチョビとひき肉のホットドレッシングです。このレシピだとかなり肉っぽい感じで、満足感のある味わいです。

■材料(4人前くらい)
・サラダ用の葉物野菜(300グラムから400グラム程度)
・オリーブオイル
・ニンニク
・アンチョビ(6から8尾程度)
・豚ひき肉(80グラム程度)

レシピ(4人前くらい)

■材料

フライパンに、オリーブオイルを大匙4ほど入れて、ニンニク一片をみじん切りにしたものを入れて、香りをだす。
次にアンチョビを加えて、形がなくなるまで炒める。
さらにひき肉を加えてカリカリになるまで炒める。
塩コショウで調味して、水をよく切ったサラダにかけてよく和える。味をみて、必要であればオリーブオイル、塩を足す。

DSC_0066

焼きナスのオリーブオイル和え

簡単なのに、おいしいワインのおつまみを紹介いたします。ナスの大量消費も可能な素敵なレシピです。

焼きナスを作って、オリーブオイルと塩で和えるだけ、バジルを刻んで乗せるとおしゃれです。

レシピ

・ナスを2-3本、包丁で縦に6本くらい皮に切れ目をいれます。
・グリルで12分ほど強火で焼きます。オーブントースターなどでも可
・串がすっと通るようであれば、焼き上がりです。
・皮をむいて、6本くらいに裂き、食べやすい大きさに切ります。
・あとはナスにオリーブオイルを大匙1くらいとお塩を振って、刻んだバジルを乗っけます。

ワインは、もちろん白ワイン、特にソーヴィニヨンブランか、リースリングなんかをキリッと冷やして飲んでみてください。

DSC_0115

新玉ねぎとスモークサーモンのおつまみ

新玉ねぎを使ったおつまみをご紹介します。

新玉ねぎを丸ごとレンジで2-3分チンして、半分に切って一枚一枚に分解します。お皿に並べて軽く塩を振って、その上にスモークサーモンを乗っけて、もしあれば、ディルのようなハーブを乗っけて、さらにオリーブオイルを垂らして出来上がり。

玉葱の甘さとサーモンの旨みがいい感じです。

ワインはアルザス系品種のちょっと甘みがあるようなゲヴィルツトラミネールやピノグリなんかが、同系統の味でよいかと思いますが、甘さを中和する感じでソーヴィニヨンブランなんかもいいかもしれません。

 

DSC_0091

ふきのとうを使ったリゾット

厳密には野菜料理ではないかもしれないですが、あまりにソーヴィニヨンブランと相性がよかったのでご紹介。

ソーヴィニヨンブランの青っぽさ、ほんのりした苦みと、ふきのとうのほろ苦さが重なりあって、それは素晴らしい感じにマリアージュします。

ちなみに今回飲んだワインはフランスロワール地方プイィ・フュメのもの。

リゾットはあまりご家庭では作らないかもしれませんが、結構簡単なのでワインパーティーなんかにもぜひ。

DSC_0002-001

 

■材料(3-4人前)
・にんにく
・お米2合(洗米しない)
・玉ねぎ中くらい1個
・ふきのとう 大3つくらい
・パルミジャーノ 大さじ3くらい
・コンソメスープ 500CC くらい(今回使ったのは茅野やさんの野菜出汁。結構おすすめ)
・白ワイン 30CCくらい
・塩コショウ

■作り方
・にんにくをみじん切りにして、フライパンにオリーブオイルで香りがでるまで揚げるように炒める
フライパンで玉ねぎをみじん切りにして、オリーブオイルで透明になるまで炒める
・洗っていないお米を入れ、油がまわるまで炒める
・ふきのとうは額を取り除き、ほぐしてフライパンに投入
・コンソメスープをまずは半分程度入れて、お米を炊いていく
・水分がすくなくなってきたら、コンソメスープを投入して、お米がアルデンテになるまで火を通していく
・最後にパルミジャーノを削ったものを入れて、塩コショウで味を調えて完成
・盛り付けた時に、エクストラバージンのオリーブオイルを少しかけると風味が増していいと思う