代表取締役小作人

小作人の在賀耕平です。

1975年生まれ。慶應義塾大学商学部を卒業後、銀座にある人材ビジネスのベンチャー企業に就職。ここで妻と出会う。当然この時は、農業をやるなんて露ほども思っていなかった。その後、ソフトウェアベンチャーに転職し、コンサルタントとして、いろいろな会社といろいろな仕事を経験させていただく。

2007年夏、消費至上主義的な世界に限界を感じ、10年20年後に最も「喰っていける」職業だと思った農業への転身を図ることを決意。妻に話したら、意外にも快諾してくれたので、調子にのって、数年後にと思っていた転身を急遽一年以内に変更。

同年11月、農業の師匠となるのらくら農場の萩原さんと出会い、勝手に運命を感じる。萩原さんは多分日本一農業をたのしそうにやっている方で、ポジティブなパワーに圧倒される。
師匠を見ているうちに、農業で結構食っていけるんじゃないかと勘違いしてしまい、勢いで会社に辞表をだしてしまう。

2008年4月に、のらくら農場に丁稚奉公に入り、農業のいろはだけではなく、田舎暮らしのABCまで、ほんとうにいろいろなことを学ぶ。
土いじりが好きでとか、田舎暮らしに憧れて農業をはじめたわけではなかったが、思いのほか農業にハマりだす。自然環境と植物生理をみながら、次のアクションを決めて行き、いい結果がでたときは、料理がバッチリ美味しくできたときのように嬉しい。
2009年3月、Golden Green開業。
日本ソムリエ協会公認 ワインエキスパート

もう東京には帰りたくない。

DSC_0027
【好きな作業】
『伊集院光 深夜の馬鹿力』を聴きながら行う作業全般
【嫌いな作業】
ラジオから不意に流れてくるショッピング番組を聴きながら行う作業全般

【農場における主な役割】
お米統括部長 畑設計責任者 ピンチになっても「大丈夫でしょ」と根拠なく言い張りさっさと眠りにつく係